『松山英樹のスーパーショットに米絶句!3番ウッドでの妙技は「常軌を逸している」』についてまとめてみた



8番パー5で行なわれたプレーオフ2打目だ。277ヤードの位置から3番ウッドを握った松山は、勢いよくクラブを振り抜くと、ボールは177マイル(約284.9キロ)で飛び出し、ピンそば約1メートルにぴたり。土壇場でのスーパーショットでイーグルを奪ってみせたのだ。




<関連する記事>



「ウッズさえやったことがない」松山英樹のスーパーショットに米絶句!3番ウッドでの妙技は「常軌を逸している」
 完璧なイーグルフィニッシュに現地メディアも驚きの色を隠せない。  現地時間1月16日、米男子ゴルフツアー『ソニーオープンinハワイ』(米ハワイ州/…
(出典:THE DIGEST)

<ツイッターの反応>


しまっち
@shimacchi0129

松山選手おめでとう!プレーオフの2ndはヤバかった!っていうか4日間回ってボギーが3つだけって… / 「ウッズさえやったことがない」松山英樹のスーパーショットに米絶句!3番ウッドでの妙技は「常軌を逸している」(THE DIGEST)https://t.co/i0Vk5K1FYs

2022-01-17 12:28:56

(出典 @shimacchi0129)

Shin Mukai
@shinmukai

「ウッズさえやったことがない」松山英樹のスーパーショットに米絶句!3番ウッドでの妙技は「常軌を逸している」(THE DIGEST)#Yahooニュース https://t.co/OIHJY1b4rl

2022-01-17 10:27:27

(出典 @shinmukai)