【全米オープン 日本地区最終予選】『石川遼ただ一人 1日36ホールの長丁場を短パンでプレーした理由』



 気になったのは石川だけ“短パン”でラウンドしていたこと。他の選手は普段のトーナメント同様に全員“長パン”だった。「疲れにくいからです。本当に短パンは足が疲れにくい。朝は寒かったですけど(笑)」と短パンをチョイスした理由を説明する。




<関連する記事>



石川遼「まだまだ下手くそ、全然うまくなれる」 全米OP3年連続出場ならず
 参加28人が36ホールのストロークプレーで3枠を争い、3年連続7度目の出場がかかっていた石川遼(カシオ)は73、72の1オーバーで16位だった。  ホールアウトした石…
(出典:スポーツ報知)

石川遼「へたくそなのでまだまだうまくなれる」“スイング改造”途上でたどり着いた境地【全米OP最終予選】
…カレドニアンGC)  36ホールで行われ、3年連続7度目の出場を目指した石川遼(30)=カシオ=は通算1オーバーで”最下位”の16位に終わった。28選…
(出典:中日スポーツ)

『全米OP最終予選』石川遼は最下位…今平、大槻ら11選手が途中棄権
…大槻智春(真清創設)ら11選手が途中棄権。3年連続7度目の出場を目指した石川遼(カシオ)は36ホールを回ったが、最下位の16位に終わった。
(出典:中日スポーツ)