『キャディー交代騒動の大西葵、“助っ人”鵜野晃行氏に感謝「いなかったらどうなっていたか」』



アース・モンダミン・カップ 最終日

 第1ラウンド中、帯同していた大江順一キャディーと意見が対立してキレられ、異例のキャディー交代を申し出たプロ9年目の大西葵は4バーディー、5ボギーの73で回り、通算6オーバー、294でホールアウトした。

「4日間できて良かったという安心感がある」とホッとした表情を見せた。第1ラウンド途中から、クラブ担当の鵜野晃行氏がキャディーを務めた。よく知る間柄だけに「一緒にラインを読んでくれたりと心強かった」と振り返った。「ラインが逆を言ってくるので、それがおもしろくて笑ってできました。すごく楽しくできました」。




<関連する記事>



大西葵が“キャディ仕事放棄事件”から立て直し 初日121位→36位フィニッシュ
…初日に帯同キャディがバッグを放置して帰宅。前代未聞のキャディ仕事放棄事件の渦中にあった大西葵だが、最終日は笑顔でフィニッシュした。 初日は121位タイと出遅れたが、…
(出典:ゴルフ情報ALBA.Net)

キャディー交代騒動の大西葵、“助っ人”鵜野晃行氏に感謝「いなかったらどうなっていたか」
…ィーと意見が対立してキレられ、異例のキャディー交代を申し出たプロ9年目の大西葵(27=YKK AP)は4バーディー、5ボギーの73で回り、通算6オーバ…
(出典:日刊スポーツ)