『古江彩佳「次につながる悔しさ」68も2勝目ならず2差3位 勝者には「あっぱれ」』



ポートランド・クラシック 最終日

 最終ラウンドが行われ、首位タイで出た古江彩佳(富士通)は、1イーグル、4バーディー、2ボギーの68で回り、通算17アンダー。スコアを4つ伸ばしたが、7月のスコットランド・オープンに続くツアー2勝目には2打届かず、3位となった。24歳のアンドレア・リー(米国)が66をマークし、19アンダーで初優勝を飾った。

 「なかなか自分のプレーができなかったり、というのもあったのですが、アンダーで回れたのはまだ良かったというのと、本当にアンドレア選手がすごくいいプレーをしていたので、本当にあっぱれだなと思います」




<関連する記事>



首位スタートの古江彩佳は3位「次につながる悔しさができて、来週からも頑張りたい」/一問一答
…)優勝22万5000ドル(約3150万円)◇有観客開催  首位から出た古江彩佳(22=富士通)は、1イーグル、4バーディー、2ボギーの68で回り、通算…
(出典:日刊スポーツ)

イーグル奪取、大歓声パットも実らず 古江彩佳は「くやしい」3位惜敗
…ヤード・パー72> 後続と1打差の首位タイから米ツアー2勝目を目指した古江彩佳だったが、トータル17アンダーのフィニッシュで2打及ばず。3位タイの惜敗…
(出典:ゴルフ情報ALBA.Net)