『女子ゴルフ中断中の貴重オフショットに反響 ユウティンら「勝負師の顔から一時解放?」』



 住友生命Vitalityレディス東海C 最終日

 大会は台風14号接近に伴う荒天により2時間5分の中断も発生。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)はその最中に撮られた選手4人の貴重なオフショットを紹介し、反響を集めている。

 午前9時から11時5分まで荒天により中断となった最終ラウンド。選手は食事を取ったり体のケアをしたりするなど、思い思いに過ごした。そんな中で、JLPGA公式ツイッターはこんな投稿をした。

 「住友生命Vitalityレディス東海クラシック|オフショット 競技中断中、控え室で待機する選手たち」

 合わせて掲載したのは、1枚の写真だった。木造りの小屋で、西郷真央、セキ・ユウティンら選手4人にキャディーなどがくつろいでおり、選手たちはコースとは一変したリラックスした表情をのぞかせている。




<関連する記事>



女子ゴルフ中断中の貴重オフショットに反響 ユウティンら「勝負師の顔から一時解放?」
…住友生命Vitalityレディス東海C最終日、JLPGA公式SNSが紹介したオフショット 女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス …
(出典:THE ANSWER)