『「ライが悪い」ってよく聞くけど正確な意味は? ゴルフで一番大事ってホント?』



「ここはライが悪いから打ちづらい」という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。では、そもそもライとは、ゴルフにおいて何を指し、どう影響するのでしょうか。

「ライ」とはゴルフボールのある地面の状況のこと
 ゴルフのラウンドでは、練習場のように平坦で打ちやすい場所から打てることばかりではありません。特に、ゴルフを始めたばかりのビギナーの場合、ティーショットでボールを曲げてしまうことも日常茶飯事なので、フェアウェイから打てる機会はほとんどなく、斜面からのショットや芝の生い茂るラフからのショットが大半になる人も多いかもしれません。




<関連する記事>



「ライが悪い」ってよく聞くけど正確な意味は? ゴルフで一番大事ってホント?
…「ライ」とはゴルフボールのある地面の状況のこと ゴルフのラウンドでは、練習場のように平坦で打ちやすい場所から打てることばかりではありません。特に、ゴ…
(出典:e!Golf)