『全英覇者キャメロン・スミス、ようやく凱旋帰国! マキロイからの「LIV行き引き止め」も告白』



 キャメロン・スミス(オーストラリア)が今週、母国開催の「フォーティネット・オーストラリアPGA選手権」(11月24~27日・ロイヤルクイーンランドGC)に出場。凱旋帰国を果たした。

 全英オープンを制した後は、PGAツアー最終戦「ツアー選手権」を終えたのちに「LIVゴルフ」へ参戦。出場2戦目のシカゴ大会で勝利した。

 現在世界ランキングは3位。全英オープン覇者の資格で、メジャー大会の出場権は少なくとも5年は保障されているが、「LIVゴルフに参戦してから世界ランキングのポイントがつかないことは、少し残念だ。なぜなら、僕は今とてもいいプレーが続いているから」と話す。




<関連する記事>



キャメロン・スミス貫録V 久常涼は2位惜敗 川村昌弘と金谷拓実7位
…バーワンプロゴルファーを決める大会で3勝目。9月に移籍した新リーグ「LIVゴルフ」ではボストンでの大会を制したが、主要ツアーではメジャー初優勝を飾った…
(出典:ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

全英覇者キャメロン・スミス、ようやく凱旋帰国! マキロイからの「LIV行き引き止め」も告白
…GAツアーとLIVゴルフの話になった」とスミス。 当時はすでにスミスのLIVゴルフ行きがささやかれていた。マキロイは直接的にはLIVゴルフ行きを引き止…
(出典:ゴルフ情報ALBA.Net)