『ラフとの境目に止まったボールのアプローチ方法』ウェッジを持つから失敗する



ウェッジを使うと大オーバー&大ショートしやすい

 あるホールで急にトリやダブルパーを叩きスコアが崩れる……、そんな経験は誰にでもあります。大叩きする原因の一つは、トラブルからリカバリー失敗です。そこで、ティーチングプロの勝又優美に、様々なリカバリーショットの打ち方を教えてもらった。今回のテーマは「ラフとカラーの境目からのアプローチ」。




<関連する記事>



ウェッジを持つから失敗するんです! ラフとの境目に止まったボールのアプローチ方法
…ウェッジを使うと大オーバー&大ショートしやすい セカンドショットでグリーンをとらえた! そう思ったら、ボールがコロコロと転がってグリーンの外へ。しか…
(出典:e!Golf)

<関連する画像>