プロのスイングを真上から見てみると、当然のように体を中心にしてクラブヘッドがきれいに円を描く。しかし、一般ゴルファーがボールを前にすると、曲げたくない気持ちが働き、ヘッドを真っすぐ出そうとしてスイングの弧がゆがむ。それがかえってスライスの原因に。本来ならクラブヘッドは目標ではなく「左に振る」ものなのだ。





<関連する記事>



曲がる人ほどできてない「左に振る」 史上7人目のアマ優勝者・杉浦悠太にメリットと練習法を聞いてみた
…プロのスイングを真上から見てみると、当然のように体を中心にしてクラブヘッドがきれいに円を描く。しかし、一般ゴルファーがボールを前にすると、曲げたくな…
(出典:ゴルフ総合サイト ALBA Net)