関西オープン 第3日

 第3ラウンドが行われ、2位から出たツアー未勝利の清水大成が6バーディー、2ボギーの66で回り、通算12アンダーの単独首位に浮上した。

 65の幡地隆寛と68の平田憲聖が11アンダーでトップと1打差の2位。

 ツアー本格参戦1年目の岡田晃平がツアー自己ベストを更新する62をマークし、10アンダーで2打差4位に浮上。プロ転向3試合目での優勝なら、1999年の日本ゴルフツアー機構発足後では2016年趙炳旻の1試合目、13年松山英樹の2試合目に続き、金谷拓実に並ぶ3位の記録となる。




<関連する記事>



清水大成が初優勝に王手 幡地隆寛と平田憲聖が1差2位、岡田晃平が4位、石川遼は19位浮上
…◆男子プロゴルフツアー  関西オープン 第3日(18日、滋賀・名神八日市CC=6869ヤード、パー70)  第3ラウンドが行われ、2位から出たツアー…
(出典:スポーツ報知)

清水大成は初V王手に「優勝したい」 1打差に平田憲聖と幡地隆寛
…◇6869yd(パー70)◇晴れ(観衆2273人) 1打差2位から出た清水大成が6バーディ、2ボギーの「66」でプレー。通算12アンダーの単独首位に浮…
(出典:ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))