腕時計型GPSナビは、ゴルフのプレーをサポートする多くの機能を備えています。特にアプローチでの活用法について、以下のポイントを要約します。

1.グリーンの形状と傾斜の把握:
GPSナビはグリーンの形状や傾斜を正確に表示できます。
パターのラインを読むのではなく、グリーンの形状を理解してアプローチを成功させましょう。

2.上りのストレートを残すマネジメント:
アプローチの際、ピンを狙うだけでなく、上りのストレートを残すように狙いましょう。
チップインの確率は低いため、難しいラインを残さないよう注意しましょう。

3.低い球で攻める:
アプローチで狙った距離を打つためには、低い球がおすすめです。
ピンの位置によりますが、バンカー越えのシチュエーションでも低い球で攻めると距離感が合いやすくなります。

4.ヒジを緩めて五角形をキープ:
アプローチでダフりやトップが出てしまう場合、ヒジを緩めて五角形をキープしたままスイングしましょう。
五角形をキープするだけで、アプローチが楽になります。
これらのポイントを活用して、アプローチの成功率を高めてくださいね!







<関連する記事>



タイガー・ウッズもやっている! パッティングもアプローチも“上り”を残せばスコアメイクは楽になる
…腕時計型GPSナビはグリーンまでの距離が分かることはもちろん、スコアをつけたり、使った番手を記録したり、ホールレイアウトを見れたりと多くの機能が搭載…
(出典:ゴルフ総合サイト ALBA Net)