ゴルフにハマる人とハマらない人の違いは、自分の意思で始めた人と強制された人の間にあります。新入社員が営業職で入社した際、接待ゴルフに参加するために半強制的にゴルフを始めることがありました。 

 しかし、自分から始めた人はゴルフにハマりやすく、上司や親からの強制で始めた人はハマりにくい傾向があります。

 現在はゴルフのイメージがポジティブになり、自発的に始める人が増えていますが、かつては「オジサンのスポーツ」というイメージがあり、若者や子どもはあまり好んでいませんでした。驚くことにプロゴルファーになる若者さえも、子どものころは親の命令で無理矢理ゴルフをやらされていたことがありました。 

 しかし、女子プロゴルファーの宮里藍選手や男子プロゴルファーの石川遼選手の活躍により、今の子どもたちは自分の意思でプロゴルファーを目指すようになりました。ゴルフにハマるためには、自分の意思で始め、熱心に練習することが大切ですが、上達するためには努力だけでは十分ではありません。ゴルフは個人競技であり、他人と比較するのではなく、自分なりの目標を設定し、達成感を味わうことが秘訣です。

 友人や家族にゴルフを勧める際は、強制しないことが大切です。自分がゴルフを楽しんでいる姿を見せることで、相手にも「面白そうだな」と思わせることがポイントです。最初から上手に打てる人はほとんどいませんから、ミスしてもスコアが悪くても、励まし続けることで「面白い!」と感じる可能性が高まります。

 ただし、ゴルフの難しいところは、面白さにハマって熱心に練習しても、右肩上がりで上達するとは限らない点です。ゴルフは大人になってから始める人が多く、子ども時代に経験したスポーツによって上達しやすさが異なります。したがって、他人と比較するのではなく、自分なりの目標を設定しながら達成感を味わったり、絶望感に打ちひしがれたりすることが、ゴルフにハマり続ける秘訣と言えるでしょう。




<関連する記事>



強制で始めた人は「若い時に面白さに気づいていれば…」と感じがち? ゴルフにハマる人とハマらない人の違い
…っておけばよかった』と後悔しました」  このエピソードはゴルフにハマる人とハマらない人の違いを明確に示しています。ゴルフにハマるのは自分の意思で始めた…
(出典:e!Golf)

<関連する動画>



<ツイッターの反応>


e!Golf(イーゴルフ)
@eGolf_jp

強制で始めた人は「若い時に面白さに気づいていれば…」と感じがち? ゴルフにハマる人とハマらない人の違い ift.tt/xVBiKWv

(出典 @eGolf_jp)