ゴルフのグリップについて、ロングサムとショートサムのどちらが合っているかを診断してみましょう。川崎志穂さんを指導する平尾貴幸氏(PGAティーチングプロA級)は、人によって力の入る角度や負担の少ない姿勢は異なると指摘しています。パワーコネクティングという運動理論を用いれば、自分に合ったアドレスを見つけられるそうです。

 ロングサムとは、左手の親指を長く伸ばして握る方法で、力が入りやすい人もいます。一方、ショートサムは左手の親指を短く縮めて握る方法で、別のタイプの人に合っています。アマチュアゴルファーは、自分に適した握り方を理解して選択することが重要です。ショットするたびに握り方が変わってしまう人もいるようです。

 どちらの握り方が合っているかを判断するために、親指を立てた状態と握った状態で基本姿勢を取り、誰かに引っ張ってもらうだけで分かります。グリップは指先だけでなく、体への力の入り具合も考慮すべきです。親指のポジションを少し変えるだけで、体への力の入り具合が変わります。親指を立てた状態で力が入った人は“ロングサム”、親指を握った状態で力が入った人は“ショートサム”が合っていると言えます。

 川崎志穂さんはロングサムが合っているそうです。一見驚くかもしれませんが、親指を立てただけでしっかり踏ん張れることを試してみてください。あなたはどちらのタイプでしょうか?ぜひ自分に合ったグリップを探ってみてください!




<関連する記事>



ショートサム派? ロングサム派? 本当にあなたに合うグリップはどっち?
…「もう少しハンドダウンにした方がいいよ」「フックグリップの方が力が入るよ」などなど、いろいろとアドバイスをもらってもどこかしっくりこない……そんな経…
(出典:ゴルフ総合サイト ALBA Net)