『2021年 LPGA プロテスト』結果 22人がプロ入り



<JLPGA最終プロテスト 最終日◇
25日◇静ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇6337ヤード・パー72>

 コロナ禍の影響で延期となっていた2020年度「JLPGA最終プロテスト」は最終ラウンドが終了した。

 JGAナショナルチームメンバーの18歳・佐久間朱莉(しゅり)が5つ伸ばし、トータル18アンダー・単独トップで合格を果たした。佐久間を含め、トータル4アンダー・20位タイまでの22人が晴れて正会員の資格を得た。

 トータル15アンダー・2位に松本珠利。トータル13アンダー・3位で岩井ツインズの姉・明愛(あきえ)が通過。
 トータル11アンダー・4位に18歳の内田琴子、トータル10アンダー・5位には橋添穂(はしぞえ・みのり)が入った。

 岩井ツインズの妹・千怜(ちさと)は小倉彩愛と並び、トータル7アンダー・9位タイで合格。プラチナ世代の上野菜々子はトータル5アンダー・16位タイでプロ入りを果たした。

 海外選手では、ステップ・アップ・ツアー賞金ランキング1位のリ・ハナ(韓国)がトータル8アンダー・7位タイ。昨年から日本を主戦場とするフォン・スーミン(中国)がトータル5アンダー・16位タイで狭き門を通過した。